東京都議会議員山田忠昭

責任ある都政を推進

  • 山田忠昭の決意

    私は、これまで4 期16年間、地元の都議会議員として、都市計画道路『調布保谷線』の開通、都立東伏見公園の開園、石神井川の整備や駅前再開発など、快適な西東京市のまちづくりを粘り強く推進して参りました。
    しかしながら、東大農場の活用や西武新宿線・池袋線の連続立体交差化、新所沢街道や新五日市街道の東西道路の整備、田無駅南口や西武柳沢駅北口の駅前広場整備など、西東京市のまちづくりにとって重要な課題が未だ残されております。
    また都政では、2020年東京オリンピック・パラリンピックの成功はもとより、首都直下型地震への防災対策や、豊洲市場への安全安心な移転推進、高齢者・障害者福祉、子育て支援、中小企業・商店街振興、都市農業対策、雇用拡大と重要な課題が山積しております。
    私は、これまで積み上げて参りました経験と実績をもとに、これらの課題に全力で取り組み、「東京を世界で一番の都市に!」するため、スピード感をもって「責任ある都政」を推進して参る決意です。

    皆様のご支援、よろしくお願い申しあげます。

    ▶号外はこちら

  • 都議会中継映像

    平成28年第1回定例会本会議一般質問(2月24日)

    シティーホールテレビ議会中継の一コマです。

  • ● お問合せ➡こちらをクリック